■ 100周年実行委員会の足跡
  ―特別献金

グラフ 献金

  100周年実行委員会では、後に続く記事で説明している100周年記念事業を行うための費用として、2,000万円を見込みました。 この半分の1,000万円は1992年の大改築以来信徒が積み立ててきた聖堂改築献金の中から充当することとしましたが、残りの半分1,000万円は、 現在の私たちが将来の信徒へのプレゼントとして特別献金で拠出することとしました。

  上のグラフは現在の特別献金の集まり具合を示したものです。目標を残念ながら少々下回って推移しています。100周年記念事業の基本理念は、 なるべく多くの信徒に参加していただくこととしています。この特別献金も100周年記念事業への参加の1つの形態です。毎月でなくても、決まった 金額でなくてもかまいません。2018年1月まで受付けています。どうぞご参加・ご協力をお願いします。

 ブルーの特別献金袋にお名前と電話番号を記入して、右の献金箱に投入して下さい。維持費の棚をお持ちの方はそこに戻ります。お持ちでない方 には経理部から棚番号のご連絡が届きます。

小教区創設100周年特集 目次

■ はじめに
  100周年、そして次の100年に・・・

■ 私たちの教会の100年
  -写真で見る川越教会の歴史
  -年表
  -歴代の神父様方

■ 100周年実行委員会の足跡
  -設立まで
  -川越小教区創設100年の祈り
  -特別献金

■ 100周年記念事業
  -ホール聖堂化小委員会
  -モニュメント小委員会
  -ソフト事業小委員会
  -記念誌小委員会
  -式典・祝賀会小委員会