■ 100周年記念事業
 ―ソフト事業小委員会

  ホール聖堂化、モニュメントなどはハード記念事業と呼ばれています。物に依存しない記念事業をソフト事業と呼び、小教区内交流、 福音宣教を念頭に、様々な事業を企画実行するのがソフト事業小委員会です。その意味で、この小委員会には完結・終わりがありません。
  左は日本以外を出身国とする信徒のお母さん方に日本料理のコツを知ってもらおうと複数回企画実行された和食交流会の様子です。
  右は100年前の聖堂で流れたであろうグレゴリオ聖歌を聖母の被昇天祭で捧げようと練習する急造のグレゴリオ聖歌隊です。2017年8月15日、 聖堂には懐かしく、美しい(?)グレゴリオ聖歌が流れました。次は11月の100周年コンサートでモーツアルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスを、 グレゴリオ聖歌隊が中心になったメンバーで(アンコールで)歌います。

小教区創設100周年特集 目次

■ はじめに
  100周年、そして次の100年に・・・

■ 私たちの教会の100年
  -写真で見る川越教会の歴史
  -年表
  -歴代の神父様方

■ 100周年実行委員会の足跡
  -設立まで
  -川越小教区創設100年の祈り
  -特別献金

■ 100周年記念事業
  -ホール聖堂化小委員会
  -モニュメント小委員会
  -ソフト事業小委員会
  -記念誌小委員会
  -式典・祝賀会小委員会