いわき市内復興公営団地訪問ボランティア

  東日本大震災復興サポートステーションもみの木は2018年春に閉所されましたが、サポートは2021年3月まで継続するという司教 団の意向に沿い、さいたま教区でもこの7月から月1回いわき市内数箇所の復興公営住宅を訪問し、仮設住宅で開いていたような出前カフェを再開すること になりました。来年3月までの15回の訪問計画の中で埼玉西ブロックは4回を分担することになり、初回の7月を所沢教会と川越教会の合同チームが現地に 向いました。7月8日(月)朝川越を立ち、昼過ぎにいわきに入って、その日の午後と翌日の午前中の2回復興公営団地の集会室で住民の皆さんと交流し、 午後川越に帰着という1泊2日のボランティアでした。参加下さった皆さんは、現地の状況を学習する機会にも恵まれたようです。ご参加ありがとうござ いました。次は10月に川越教会単独で現地に向う計画です。(写真は教区サポートセンターのボランティア・ダイアリーから転載しました。広報支援 高平庄司)



ヨセフ中村尚武神父様納骨式

  5月27日、埼玉県立がんセンターで療養中だった中村神父様が帰天され、6月4日に教区主催の葬儀ミサが行われましたが、7月20日(土) ご遺骨を旭町墓地に埋葬する納骨式が山野内司教様の主司式で行われました。朝から蒸し暑さのつのる日でしたが、飯能、春日部、上尾といった神父様ゆか りの教会からも沢山の信徒が集い、静かな祈りのうちにご遺骨をお納めしました。親族を代表して、甥にあたられる中村宙正さんが述べられた感謝のことば が耳に残りました。(広報支援 高平庄司)





バックナンバー

2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月