「キリストの聖体の主日」
ご聖体の主キリストの黙想

マルコ14・12~16、22~26

 川越教会担当司祭 ヨハネ 加藤 智 神父


  マルコによる福音は、主キリストと十二人の弟子たちとの「最後の晩餐」の様子を、目に見 えるように鮮やかに、そして端的に伝えてくれています。

  その中でも圧巻は、主ご自身が、みことばと行為をもって、ペトロたちに「ご聖体の秘跡」、すなわちごミサを制定し てくださったことを伝える場面です。これは、後にルカ及びマタイによる福音、さらには初代教会の貴重なごミサの記録で もある使徒パウロのコリントの教会への手紙によっても、一致して証言されます。

  しかし、なぜ、主キリストは十字架とご復活に先立つ「最後の晩餐」で、「ご聖体の秘跡」、すなわちごミサを制定 してくださったのでしょうか。

  主キリストは、「最後の晩餐」に続くご自身の十字架とご復活によって、私たち罪人の救いのために「主の過越の 神秘」を完成・成就してくださいました。その恵みに、使徒たちのみならず、後の私たちすべてが、ひとりも漏れるこ となく確実に与ることができるように、主は、「これをわたしの記念として行いなさい」と、「ご聖体の秘跡」を制定してくださったのです。

  じつはその際、主が制定してくださったのは、ご聖体の秘跡、すなわちごミサだけではありません。同時に司祭の叙階 の秘跡をも制定してくださいました。この二つの秘跡は、「同時制定の二秘跡」と呼ばれます。ご聖体の秘跡に仕える司祭の 叙階の秘跡を欠いては、ご聖体の秘跡の正しい執行を教会は期待できないからです。

  したがってご聖体の秘跡・ごミサで、司祭は、「これをわたしの記念として行いなさい」との「最後の晩餐」での主キ リストの十二使徒へのご命令に忠実に、主ご自身がなさったように、皆さんから捧げられたパンを手に取り、「奉献文」の 感謝の祈りの内に聖霊の注ぎを求めつつ、主ご自身の次の制定のおことばを繰り返します。

  「皆、これを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡される、わたしのからだである。」(マルコによる福音で は、「とりなさい。これはわたしのからだである。」)

  続けて、司祭はブドウの杯を手にとり、主の次のおことばを、繰り返します。

  「皆、これを受けて飲みなさい。これはわたしの血の杯、あなたがたと多くの人のために流されて、罪のゆるしとなる新しい 永遠の契約の血である。」(マルコによる福音では、「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。」)

  司祭を用いて、主キリストご自身が、みことばと行為によって聖別されたご聖体の内に、聖霊によって十字架とご復活の 主キリストが現存されます。数えきれない信者・殉教者たちが、ご聖体の内に聖霊によって現存される主ご自身に、彼らの生 涯を託し、最後には彼らの命を捧げ、唯一人たりとも裏切られたことの無い、これがカトリックの信仰です。この信仰には、 東・西の教会の違いはまったくありません。

  ご聖体においてご復活の主のいのちを受けた、聖アウグスティヌスは語ります。

  「主キリストのご聖体を拝領する時、私たちは、主を私たちの体へと消化するのではありません。ご聖体を受けた私たち の方が、主によって消化されるのです。その時、私たちの罪なる体が、キリストの栄光のからだへと変えられます。それゆえ、 驚嘆し、かつ喜んでください。皆さんは、ただキリスト者とされるのではありません。ご聖体によって、キリストのからだとされるのです。」

  私たちの内にまで来てくださって、「私たちの罪なる体を、キリストの栄光のからだに変えて下さる」ことがおできになるのは 、ただ「聖霊なる神」お一人です。したがって聖アウグスティヌスは、ごミサで私たちが受けるご聖体の内に、主キリストの霊・ 「聖霊」が、現に生きて働かれる、と明確に教えてくれているのです。

  「福音とご聖体において活けるご復活の主キリストにお会いさせて頂くのです」、と先のベネディクト十六世教皇は繰り返 し教えてくださいました。聖アウグスティヌスが教えるように、ご聖体において私たちが受けるのは、「聖霊」です。そして、 じつは「聖霊」こそ、目に見えないけれども活けるご復活の主キリストご自身です。

  ご聖体の祝日。今ここに、ご聖体の内に聖霊によって現存されるご復活の主キリストご自身が、私たちにお会いくださいます。 ご復活の主は、「聖霊」において、自らをご聖体として私たちにお与えくださいます。まさに「驚嘆」すべき主の遜(へりくだ)りの 事実。さらに、ご聖体の主をいただく私たちは、聖霊において、罪なる体から主のからだへと変えられます。じつに「喜ぶ」べき 私たちの光栄。私たちがごミサで記念し祝うのは、聖霊において働かれるご聖体の主の、この大いなる恵みの奇跡です。

  父と子と聖霊のみ名によって。 アーメン。  



(「主日の福音の黙想」より)



バックナンバー

2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
教会報「いづみ」602号 巻頭言 2017年 7月
教会報「いづみ」601号 巻頭言 2017年 6月
教会報「いづみ」600号 巻頭言 2017年 5月
教会報「いづみ」599号 巻頭言 2017年 4月
教会報「いづみ」598号 巻頭言 2017年 3月
教会報「いづみ」597号 巻頭言 2017年 2月
教会報「いづみ」596号 巻頭言 2017年 1月
教会報「いづみ」595号 巻頭言 2016年12月
教会報「いづみ」594号 巻頭言 2016年11月
教会報「いづみ」593号 巻頭言 2016年10月
教会報「いづみ」592号 巻頭言 2016年 9月
教会報「いづみ」591号 巻頭言 2016年 8月
教会報「いづみ」590号 巻頭言 2016年 7月
教会報「いづみ」589号 巻頭言 2016年 6月
教会報「いづみ」588号 巻頭言 2016年 5月
教会報「いづみ」587号 巻頭言 2016年 4月
教会報「いづみ」586号 巻頭言 2016年 3月
教会報「いづみ」585号 巻頭言 2016年 2月
教会報「いづみ」584号 巻頭言 2016年 1月
教会報「いづみ」583号 巻頭言 2015年12月
教会報「いづみ」582号 巻頭言 2015年11月
教会報「いづみ」581号 巻頭言 2015年10月
教会報「いづみ」580号 巻頭言 2015年 9月
教会報「いづみ」579号 巻頭言 2015年 8月
教会報「いづみ」578号 巻頭言 2015年 7月
教会報「いづみ」577号 巻頭言 2015年 6月
教会報「いづみ」576号 巻頭言 2015年 5月
教会報「いづみ」575号 巻頭言 2015年 4月
教会報「いづみ」574号 巻頭言 2015年 3月
教会報「いづみ」573号 巻頭言 2015年 2月
教会報「いづみ」572号 巻頭言 2015年 1月
教会報「いづみ」571号 巻頭言 2014年12月
教会報「いづみ」570号 巻頭言 2014年11月
教会報「いづみ」569号 巻頭言 2014年10月
教会報「いづみ」568号 巻頭言 2014年 9月
教会報「いづみ」567号 巻頭言 2014年 8月
教会報「いづみ」566号 巻頭言 2014年 7月
教会報「いづみ」565号 巻頭言 2014年 6月
教会報「いづみ」564号 巻頭言 2014年 5月
教会報「いづみ」563号 巻頭言 2014年 4月
教会報「いづみ」562号 巻頭言 2014年 3月
教会報「いづみ」561号 巻頭言 2014年 2月
教会報「いづみ」560号 巻頭言 2014年 1月
教会報「いづみ」559号 巻頭言 2013年12月
教会報「いづみ」558号 巻頭言 2013年11月
教会報「いづみ」557号 巻頭言 2013年10月
教会報「いづみ」556号 巻頭言 2013年 9月
教会報「いづみ」555号 巻頭言 2013年 8月
教会報「いづみ」554号 巻頭言 2013年 7月
教会報「いづみ」553号 巻頭言 2013年 6月
教会報「いづみ」552号 巻頭言 2013年 5月
教会報「いづみ」551号 巻頭言 2013年 4月
教会報「いづみ」550号 巻頭言 2013年 3月
教会報「いづみ」549号 巻頭言 2013年 2月
教会報「いづみ」548号 巻頭言 2013年 1月
教会報「いづみ」547号 巻頭言 2012年12月
教会報「いづみ」546号 巻頭言 2012年11月
教会報「いづみ」545号 巻頭言 2012年10月
教会報「いづみ」544号 巻頭言 2012年 9月
教会報「いづみ」543号 巻頭言 2012年 8月