カトリック川越教会の守護者・聖ミカエルの祝日(9月29日)の黙想
「ミカエル: あなたにとって、唯一のまことの神は誰か」

ヨハネ1・47~51

川越教会担当司祭 ヨハネ 加藤 智 神父


  9月29日は大天使聖ミカエル・聖ガブリエル・聖ラファエルの祝日にあたります。川越教会は、聖ミカエルを守護者・ 保護者とさせて頂いていることから、9月29日に一番近い主日を、特別に聖ミカエル祭として祝っています。

  聖ミカエルの祝日には、個人的な思い出があります。英国の古い学校の一年は、正式には9月29日・聖ミカエルの祝日 のごミサを以て始められるからです。9月29日から降誕祭・クリスマスまでの学年の最初の学期は、英国では「聖ミカエル の祝日のミサに始まる学期」を意味する “Michael-mas Term”と呼ばれます。

  ミカエル。元来ヘブライ語(“ミッカーエール”)のこの大天使の名は、まことに不思議です。それは、通常名前を 示す名詞ではなく、実は“疑問文”だからです。日本語に訳せば、「あなたの神はどなたですか」。つまり、「あなたが、 生涯お仕えさせて頂くべき唯一まことの神はどなたですか」と言う意味の「名前」です。

  大天使ミカエルは、その存在そのものが私たちに対する神の問いかけです。聖ミカエルが遣わされる時、私たちはこ の神の問いの前に立たしめられるのです。

  聖ミカエルの祝日に読まれる福音は、ヨハネによる福音1:47-51です。主キリストは、ご自身を訪ねたフィリ ポとナタナエルに次のように仰せでした。

  「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」 (ヨハネ1・51)

  「神の天使たち」の首位は、「大天使長ミカエル」(ダニエル12・1)です。そうであれば、私たちが、「人の子、す なわち主キリストの上に、大天使ミカエルが昇り降りするのを見る」時、私たちは、文字通り、主キリストのみ前に、「 あなたにとって、唯一のまことの神は誰か」との問いかけの前に立つということです。

  英国の古い学校は、大天使聖ミカエルの祝日のごミサを以て新しい学年を始めると申しました。オクスフォードのよう な千年以上前にベネディクト修道会の司祭養成の修道院大学として設立された古い大学の神学生にとって、現在でも主キ リストのみ前に、「あなたにとって、唯一のまことの神は誰か」という問いかけの前に立つことこそ、修道、即ち祈りと 学びと修練の第一の目的です。否、それは、神学生である以前に、人が人として生きるために問われざるを得ない「問い」 、であるはずです。

  したがって、これは、英国の大学生のみならず、日本の私たちにとっても全く同様、否、むしろ現代の日本の私たち にとってこそ、問われるべき最も大切な「問い」であるというべきではないでしょうか。私たちも、私たち自身にとって、 私たちが生涯お仕えさせて頂くべき「唯一のまことの神」がはっきりしなければ、唯一のまことの神ならぬもの、 例えばお金や一時的な権威・権力のような神ならぬものに仕えて、人生を空しく終わってしまうことになるかも知れないからです。

  ところで、極めて象徴的に思われますが、聖ミカエルの祝日に始まる英国の最初の学期は、主イエス・キリストの誕生・ クリスマスに終わると申しました。

  クリスマスは不思議です。それは、「本来私たちが生涯お仕えさせて頂くべき方(唯一のまことの神)が、私たちにご 生涯をかけて仕えて下さるために、イエスという名前をもつ人として、小さな村の貧しいおとめマリアさまを母としてお生 まれくださった」ことを祝います。その主キリストは、十字架の上で、私たちにご自身、御からだと御血、を与え尽くされ ることにより、私たちへの奉仕の生涯を全うされます。

  「あなたにとって、生涯お仕えさせて頂く神はどなたですか?」との大切な問い、人が人として生きるための最も大切な 「問い」は、私たちに、降誕祭・クリスマス、即ち「ご自身のいのちを捧げて私たちに仕えてくださった唯一のまことの神、 主イエス・キリストの誕生」、をまっ直ぐに指し示しています。

  聖ミカエルから大切な「問い」を問われている皆さんお一人おひとりが、皆さんのお心の内に、主イエス・キリストを こそ「生涯掛けてお仕えすべき、唯一にしてまことの神」として、心から喜び、感謝してお迎えくださいますように。

  大天使聖ミカエルの祝日。今日私たちは、聖ミカエルの名の意味する如く、主のみ前に、「あなたにとって、唯一のまこ との神はどなたですか」との問いかけの前に立っています。私たちに、主イエス・キリストを唯一のまことの神、と告白させ て下さるのは聖霊のみです。そのために私たちが聖霊を求める切なる祈りを、私たちの守護者聖ミカエルは必ず取り次いで下 さると、私は信じています。

  父と子と聖霊のみ名によって。 アーメン。  



(「主日の福音の黙想」より)



バックナンバー

2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
教会報「いづみ」602号 巻頭言 2017年 7月
教会報「いづみ」601号 巻頭言 2017年 6月
教会報「いづみ」600号 巻頭言 2017年 5月
教会報「いづみ」599号 巻頭言 2017年 4月
教会報「いづみ」598号 巻頭言 2017年 3月
教会報「いづみ」597号 巻頭言 2017年 2月
教会報「いづみ」596号 巻頭言 2017年 1月
教会報「いづみ」595号 巻頭言 2016年12月
教会報「いづみ」594号 巻頭言 2016年11月
教会報「いづみ」593号 巻頭言 2016年10月
教会報「いづみ」592号 巻頭言 2016年 9月
教会報「いづみ」591号 巻頭言 2016年 8月
教会報「いづみ」590号 巻頭言 2016年 7月
教会報「いづみ」589号 巻頭言 2016年 6月
教会報「いづみ」588号 巻頭言 2016年 5月
教会報「いづみ」587号 巻頭言 2016年 4月
教会報「いづみ」586号 巻頭言 2016年 3月
教会報「いづみ」585号 巻頭言 2016年 2月
教会報「いづみ」584号 巻頭言 2016年 1月
教会報「いづみ」583号 巻頭言 2015年12月
教会報「いづみ」582号 巻頭言 2015年11月
教会報「いづみ」581号 巻頭言 2015年10月
教会報「いづみ」580号 巻頭言 2015年 9月
教会報「いづみ」579号 巻頭言 2015年 8月
教会報「いづみ」578号 巻頭言 2015年 7月
教会報「いづみ」577号 巻頭言 2015年 6月
教会報「いづみ」576号 巻頭言 2015年 5月
教会報「いづみ」575号 巻頭言 2015年 4月
教会報「いづみ」574号 巻頭言 2015年 3月
教会報「いづみ」573号 巻頭言 2015年 2月
教会報「いづみ」572号 巻頭言 2015年 1月
教会報「いづみ」571号 巻頭言 2014年12月
教会報「いづみ」570号 巻頭言 2014年11月
教会報「いづみ」569号 巻頭言 2014年10月
教会報「いづみ」568号 巻頭言 2014年 9月
教会報「いづみ」567号 巻頭言 2014年 8月
教会報「いづみ」566号 巻頭言 2014年 7月
教会報「いづみ」565号 巻頭言 2014年 6月
教会報「いづみ」564号 巻頭言 2014年 5月
教会報「いづみ」563号 巻頭言 2014年 4月
教会報「いづみ」562号 巻頭言 2014年 3月
教会報「いづみ」561号 巻頭言 2014年 2月
教会報「いづみ」560号 巻頭言 2014年 1月
教会報「いづみ」559号 巻頭言 2013年12月
教会報「いづみ」558号 巻頭言 2013年11月
教会報「いづみ」557号 巻頭言 2013年10月
教会報「いづみ」556号 巻頭言 2013年 9月
教会報「いづみ」555号 巻頭言 2013年 8月
教会報「いづみ」554号 巻頭言 2013年 7月
教会報「いづみ」553号 巻頭言 2013年 6月
教会報「いづみ」552号 巻頭言 2013年 5月
教会報「いづみ」551号 巻頭言 2013年 4月
教会報「いづみ」550号 巻頭言 2013年 3月
教会報「いづみ」549号 巻頭言 2013年 2月
教会報「いづみ」548号 巻頭言 2013年 1月
教会報「いづみ」547号 巻頭言 2012年12月
教会報「いづみ」546号 巻頭言 2012年11月
教会報「いづみ」545号 巻頭言 2012年10月
教会報「いづみ」544号 巻頭言 2012年 9月
教会報「いづみ」543号 巻頭言 2012年 8月