「守護の天使の祝日」(10月2日)の黙想
「あなたたちの天使たちは、天でいつも神のみ顔を仰いでいる」

マタイ18・1~5,10

川越教会担当司祭 ヨハネ 加藤 智 神父


  「言っておくが、彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父のみ顔を仰いでいるのである。」

  主キリストのこのおことばは、「これらの小さな者の一人でも軽んじないように気をつけなさい」 との、直前に語られた主のご忠告のおことばに続けて語られています。しかし、主の言われる「小さな者 たち」とは、誰のことなのでしょうか。

  それは、この地上で、神の他に頼る何ものの持たない人々のことではないでしょうか。そのような人々を、 主キリストは、ことの他大切にして下さいます。その理由は、二つあると思います。一つは、神の他に頼る何 ものも持たない人々こそ、神の救いを切に祈り求めているからであり、主はそのような彼らのためにこそ来て くださったからです。加えて、冒頭の主のおことばのように、「彼らの天使たちが、天でいつもわたし(御子キ リスト)の天の父のみ顔を仰いでいる」、からです。

  「彼らの天使たちは天でいつもわたしの天の父のみ前を仰いでいる」とは、彼らの天使たちが、小さな者たち ・神の他頼るべき何ものもない人々のために、彼らの祈りを神に取り次ぎ、また彼らに代って常に神を賛美してい る、ということでしょう。

  しかし、主キリストの仰る「小さな者たち」とは、実は、私たち自身のことではないでしょうか。そのこと に気付くなら、冒頭のみことばは、主が私たちに、私たちの「守護の天使」について、明確にお示しになってお られるおことばに他なりません。

  私たちの守護の天使が、「天でいつもわたしの天の父のみ顔を仰いで」くださっておられるというのであ れば、守護の天使を通して、私たちは既に天に結び付けていただいていると信じてよいと思います。私たちの いのちは、決して地上だけのものではなく、天に結ばれているのです。私たちと天の父なる神の間を、取り次 ぎの祈りと賛美を以て堅く結びつけてくださっておられる存在こそ、「守護の天使」です。

  この「主護の天使」については、私たちのごミサの「ローマ典文」(「第一奉献文」)の中に、次のような 美しいことばで、教会の信仰が言い表されています。

  「全能の神よ、つつしんでお願いいたします。
  あなたの栄光に輝く祭壇に、このささげものをみ使いに運ばせ、
  いま、祭壇で御子の神聖なからだと血とともに結ばれるわたしたちが、
  天の祝福と恵みに満たされますように。」

  パンとぶどう酒の聖別の祈りに続くこの美しい祈りは、ごミサにおける主キリストご自身の自己奉献に、 ごミサに与る私たちも自らの奉献をもって加わらせていただくことを神に願い求める、私たちのローマ教会に 伝承されてきた古い祈りです。

  ここで私たちは、私たち自身をみ使いに、すなわち私たちの「守護の天使」に委ねています。私たちの 取り次ぎのために、天の父なる神のみ前にいつも神のみ顔を仰いでくださっておられる守護の天使に、ごミ サにおいて、天上の父の祭壇から、地上の私たちの祭壇にまで降り来たっていただき、私たちの捧げもの、 つまり私たち自身を、天の父なる神の祭壇にまで運び上げていただくことを、祈り願っています。

  神への捧げものは聖(きよ)くなければなりません。「守護の天使」は、私たちを聖(きよ)め、私た ちを聖い捧げものとして神に受け入れていただくことができるようにしてくださるはずです。したがって、守 護の天使は「聖霊」である、とも言われます。

  確かに、「ローマ典文」(「第一奉献文」)の、守護の天使に、私たちの捧げものを、天の祭壇に運び上 げていただくことを願う祈りは、「第三奉献文」では、「聖霊によって私たちがあなたに捧げられた永遠の供 え物となり、・・・」と、明らかに、「聖霊」を求める祈りになっています。

  そうであれば、守護の天使は、私たちを守ってくださるばかりではなく、私たちを聖(きよ)くしてくだ さる方でもあるに違いありません。私たちの捧げものの聖さを守ってくださるばかりでなく、私たちの捧げも のを聖くして、つまり、私たち自身をも聖くして天の神の祭壇に届けてくださる。守護の天使は、そのように して、神のみ前に、私たちに対する天使としての使命を全うしてくださるのでしょう。

  そうであれば、守護の天使とは主キリストの聖霊が、主の愛の息吹が姿をとられた方であると言うべきで はないでしょうか。また実はその時、守護の天使のお姿の内に、聖霊の注ぎを受けて、主キリストの似姿に 変えられて天に招かれる「キリストと共に神の内に隠された」(コロサイ3:3)私たち自身の姿もあるの ではないでしょうか。

  父と子と聖霊のみ名によって。  アーメン。



(「主日の福音の黙想」より)



バックナンバー

2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
教会報「いづみ」602号 巻頭言 2017年 7月
教会報「いづみ」601号 巻頭言 2017年 6月
教会報「いづみ」600号 巻頭言 2017年 5月
教会報「いづみ」599号 巻頭言 2017年 4月
教会報「いづみ」598号 巻頭言 2017年 3月
教会報「いづみ」597号 巻頭言 2017年 2月
教会報「いづみ」596号 巻頭言 2017年 1月
教会報「いづみ」595号 巻頭言 2016年12月
教会報「いづみ」594号 巻頭言 2016年11月
教会報「いづみ」593号 巻頭言 2016年10月
教会報「いづみ」592号 巻頭言 2016年 9月
教会報「いづみ」591号 巻頭言 2016年 8月
教会報「いづみ」590号 巻頭言 2016年 7月
教会報「いづみ」589号 巻頭言 2016年 6月
教会報「いづみ」588号 巻頭言 2016年 5月
教会報「いづみ」587号 巻頭言 2016年 4月
教会報「いづみ」586号 巻頭言 2016年 3月
教会報「いづみ」585号 巻頭言 2016年 2月
教会報「いづみ」584号 巻頭言 2016年 1月
教会報「いづみ」583号 巻頭言 2015年12月
教会報「いづみ」582号 巻頭言 2015年11月
教会報「いづみ」581号 巻頭言 2015年10月
教会報「いづみ」580号 巻頭言 2015年 9月
教会報「いづみ」579号 巻頭言 2015年 8月
教会報「いづみ」578号 巻頭言 2015年 7月
教会報「いづみ」577号 巻頭言 2015年 6月
教会報「いづみ」576号 巻頭言 2015年 5月
教会報「いづみ」575号 巻頭言 2015年 4月
教会報「いづみ」574号 巻頭言 2015年 3月
教会報「いづみ」573号 巻頭言 2015年 2月
教会報「いづみ」572号 巻頭言 2015年 1月
教会報「いづみ」571号 巻頭言 2014年12月
教会報「いづみ」570号 巻頭言 2014年11月
教会報「いづみ」569号 巻頭言 2014年10月
教会報「いづみ」568号 巻頭言 2014年 9月
教会報「いづみ」567号 巻頭言 2014年 8月
教会報「いづみ」566号 巻頭言 2014年 7月
教会報「いづみ」565号 巻頭言 2014年 6月
教会報「いづみ」564号 巻頭言 2014年 5月
教会報「いづみ」563号 巻頭言 2014年 4月
教会報「いづみ」562号 巻頭言 2014年 3月
教会報「いづみ」561号 巻頭言 2014年 2月
教会報「いづみ」560号 巻頭言 2014年 1月
教会報「いづみ」559号 巻頭言 2013年12月
教会報「いづみ」558号 巻頭言 2013年11月
教会報「いづみ」557号 巻頭言 2013年10月
教会報「いづみ」556号 巻頭言 2013年 9月
教会報「いづみ」555号 巻頭言 2013年 8月
教会報「いづみ」554号 巻頭言 2013年 7月
教会報「いづみ」553号 巻頭言 2013年 6月
教会報「いづみ」552号 巻頭言 2013年 5月
教会報「いづみ」551号 巻頭言 2013年 4月
教会報「いづみ」550号 巻頭言 2013年 3月
教会報「いづみ」549号 巻頭言 2013年 2月
教会報「いづみ」548号 巻頭言 2013年 1月
教会報「いづみ」547号 巻頭言 2012年12月
教会報「いづみ」546号 巻頭言 2012年11月
教会報「いづみ」545号 巻頭言 2012年10月
教会報「いづみ」544号 巻頭言 2012年 9月
教会報「いづみ」543号 巻頭言 2012年 8月