▼ きぼうのダイヤル埼玉を支援する会から 電話相談員募集のご案内 ▼
相談員がキリスト教の信仰を基礎において相談対応する「きぼうのダイヤル埼玉」では次のように新規の相談員募集を実施します。 電話相談員となって苦しむ人々の傍らに立っていただくことはできないでしょうか。
   募集期間 2020年12月1日~2021年3月31日
   資   格 キリスト教の信仰をもつ25歳以上の男女(次項のの研修を受けていただき適性を確認します)
   養成研修 2021年4月から翌年3月まで、概月2回、各回土曜日10:00~15:00 合計60時間余
   研修費用 有料 全60時間に対し60,000円(半額補助制度あり)
   申込方法 次のPDFファィルを紙出力し、必要事項を記入の上、ファクスか郵送 申込書PDF
   送付先   ファクス:049-226-5153 郵送:〒350-1191 川越西郵便局私書箱42
   募集人員 16名
ご質問はこちらへ→ 問い合わせメールへ

ご 連 絡

■ 当教会の新型肺炎感染拡大防止策について
      10月27日付のさいたま教区長文書により週日の公開ミサの禁止が解かれました。

* 11月第一周から週日の公開ミサを捧げることができるようになりましたが、当教会では11月18日(水)から当面毎週水、木曜日を週日公開ミサの日とします。 時間は水曜日が10:00~、木曜日が9:00~です。

* 過去に土曜主日ミサが許可され、今回週日ミサも開けるようになりましたが、日曜の主日ミサは基本的に1回のみとされいているままです。

* 司教様から引き続き「主日ミサに与る義務の免除」はいただいていますので、高齢の方、持病のある方、健康に不安のある方は、無理をせず引き続きご 自宅にとどまって、お祈りしてください。また、週日ミサは密になることは少ないと思われますので、こうした方々にはおすすめかもしれません。
(アントワン神父)


■ おにぎり1 つの会のお祈りのお誘い
      おにぎり1つの会では毎年11月、死者の月に合わせ亡くなられた方々を偲んで皆でお祈りをします。 神父様のもと、教会の皆様もどうぞご参加ください。ご一緒にお祈りいたしましょう。11月28日(土)14時00分から御御堂にて。(福祉社会部)

■ クリスマス献品のお願い
      おにぎり1つの会では12月19日に路上生活者や生活に困窮している人達とクリ スマス会を開催いたします。 今年はプレゼントを差し上げるのみ、となりますが、路上生活者の皆さまが正月が無事に過ごせますように献品をお願いします。 ジャンパー・セーター・手袋・帽子・マフラーなどの防寒用品、ズボン(冬物で80センチ以上)、26センチ以上の靴、キャンディーなどのお菓子等。 11月29日まで受け付けています。ホールにおにぎり1つの会の専用ボックスを用意してい ますので、それにお入れください。(福祉社会部)

■ 初聖体の勉強が始まります
      12月6日(日)9時半のミサ後から初聖体の勉強を始めます。 来年の初聖体を希望する人は、教会学校の荒木、後藤まで申し込んで下さい。申し込み締切は11月29日(日)、対象年齢は小学1年以上となっています。(教会学校)

■ 待降節黙想会のお知らせ
      11月29日(日)11時~13時30分 聖堂にて行われます。指導司祭はアントワン神父様でテーマは「詩篇で祈る」です。 なお、当日ミサの説教の中で、子どものための優しい黙想も行われます。当日のプログラムは、ミサ後から昼をはさんで午後までに及びます。昼食をご持参ください(研修奉仕会)

■ アントワン神父様より
      ミサに出席出来ないが御聖体を頂きたい方には下の三つ方法があります。
A- キリスト者の親族または知り合いが、司祭より「聖体拝領奉仕者」の指名を受け、自分が参加しているミサ
  で「御聖体箱」に御聖体を受け、聖体拝領希望者のところへ持参して、一緒に祈り、御聖体をいただくこと
  が出来ます。
B- アントワン神父様と連絡をとり、司祭が家庭訪問を行い、一緒に祈り、御聖体を頂くことが出来ます。
C- 平日に教会に来られる方は求めれば司祭より御聖体を頂くことができます。


■ アントワン神父様による、祈り、黙想のためのテキスト
     ミサ非公開期間中、掲題テキストを掲載することにしました。トップタイトル右の「一緒に祈りましょう」のバナーからリンクをたどってください。 (広報支援者)

■ 新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り
   いつくしみ深い神よ、
   新型コロナウイルスの感染拡大によって、今大きな困難の中にある世界を顧みてください。
   病に苦しむ人に必要な医療が施され、感染の終息に向けて取り組むすべての人、医療従事者、
   病者に寄り添う人の健康が守られますように。
   亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、尽きることのない安らぎに満たされますように。
   不安と混乱に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。
   希望の源である神よ、わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、世界のすべての人と助け合って、
   この危機を乗り越えることができるようお導きください。
   わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
   希望と慰めのよりどころである聖マリア、 苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

   (2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可)

2020年11月5日
カトリック川越教会

更 新 履 歴