■ 墓地の特別分譲をしています ■
当教会が管理し、広くさいたま教区の信徒の皆さんにご利用いただいているカトリック川越墓地では「共同の墓」の特別分譲を行 っています(受付は50柱分までとさせていただきます)。下のリンク先をご覧になって興味がおありの方は、これも下に提示しました問い合わせメールリンクでご連絡ください。担当者から返信さ せていただきます。(墓地管理委員会)
「共同の墓特別分譲」へのリンク 墓地の所在地など一般情報へのリンク
カトリック川越墓地共同の墓使用規約へ カトリック川越教会墓地使用規約へ
問い合わせメールへ コピペ用メールアドレス→ michaelnet@catholic-kawagoe.net

ご 連 絡

■ 当教会の新型肺炎感染拡大防止策について(続報)
     3月27日付のさいたま教区長文書で、新型肺炎感染拡大防止策「公開ミサの中止」が4月26日(日)まで、さらに一ヶ月延長されました。
     このことから聖週間のミサ、典礼は非公開、この期間に予定されていた洗礼式は延期となります。この間司祭は自室で聖週間の典礼をささげます。 信徒の皆様は自宅で心を合わせてお祈りください、と山野内司教様からのお言葉です。また、ミサばかりでなくこの間の各種集会、会議の開催中止も同様に延長されました。(担当司祭)

     教区長文書の文末には次のようなメッセージが掲載されていました。
     「わたくしは日本で生まれ、アルゼンチンで育ち、そして、今、さいたま教区に迎えられてこの特別の時を皆様と共に生きる恵みを頂いております。 この世界はわたしたちがともに暮らす家、わたしたちはすべての違いを超えて、互いを大切にし合いながら生きなければならない家族であることを、 今ほどひしひしと感じたときはありません。皆様が温かい理解とご協力を下さり、ともに歩んでくださっていることを心から感謝いたします。
     どうぞ、これからも一層、神のいつくしみの心に信頼し、すべての方々に思いを馳せながら、特に、亡くなられた方のために永遠の安らぎを祈り、 感染した方々の速やかな回復と世界的な流行の一日も早い終息を願い、聖母マリアの取り次ぎを願いながら、父である神に祈りましょう。」

*新型肺炎拡大防止策関連の情報は、入手しだい引き続きここに掲載しますのでご確認ください。
*教会は閉鎖されているわけではありません。昼間の出入りは可能です。
*この下に教区ホームページからダウンロードした「公開ミサに与れない日々の祈り」を掲載しました。


■ 公開ミサに与れない日々の祈り
     憐み深い父なる神よ、
     今、私たちは新型コロナウィルス集団感染の危機に直面しています。
     どうか主よ、こ危機を私たちが乗り越えることができるように、
     恵みと 力を与えてください。
     私たちが不要な恐れにふりまわされることなく、適切な行動をとることができますように。
     四旬節にあたり、私たちがまず日頃の生き方をふりかえり、回心することができますように。
     今回の危機を通して、私たちがあなたのみ心にかなった生き方を見いだしていくことができますように。
     感染拡大が止まり、感染している方々に必要な医療と助けが与えられ、
     治療方法が一日も早く見つかりますように。
     主イエス・キリストによって。アーメン。

     (東京大司教認可)


2020年3月27日
カトリック川越教会

更 新 履 歴