ご 連 絡

■ 6月5日に堅信の秘跡を受けられるみなさんに
      ご存知かと思いますが、堅信のための仕上げの黙想会と本番堅信式が次のように 計画されていますので、おわすれなくご予定ください。(奉仕委員会三役)
   黙想会 5月29日(日)14:00〜川越教会にて
   堅信式 6月5日(日)14:00〜川越教会にて 


■ 新しい『いづみ』が出ました
      4月30日(土)に教会報いづみ626号を発行いたしました。どうぞお読みください。(広報部)

■ 週日(平日)のミサについて
      これまで週日のミサは朝10時始まりと9時始まりが混在していましたが、以前と同じように水、 木、金曜日共に10時始まりに統一することになりました。ご注意ください。(奉仕委員会三役)

■ 主日の公開ミサ再開
     新型コロナウイルス感染拡大防止のため1月23日から2月27日まで主日の公開の主日ミサが停止されていましたが、 2月24日発行されたさいたま教区文書「教区の対応 ―22次」により、予定通り3月6日の四旬節第1主日のミサから公開が再開されることとなりましたのでお知らせします。

  当教会の対応は1月16日以前の状態に戻ります。すなわち、
  主日のミサは原則土曜日午後6時からと日曜日午前9時半からと11時半からの3回捧げられますがいずれも、
   ―当教会所属信徒でない方、また体温が37.5℃以上の方は入場できません
    ―そのため聖堂入り口でアルコール消毒と検温、川越教会ナンバーの確認をさせていただきます。
    (所属信徒でまだ教会ナンバー発番を受けていない方はミサ開始30分前におこし下さい)
    ―三密にならないように適切に換気することと、上限の入場者数を決め、制限を実施します。
     上限に達すると聖堂にお入りになれませんのでご注意ください。
    ―マスクの着用をお願いします。また、聖堂内ではミサ中歌は歌わずソーシャルディスタンスを確保します。

  基礎疾患をお持ちの方、ご高齢の方は無理をなさらずミサをお休みください(主日のミサの義務の免除はこれまで通り有効です)。 こうした方でミサでの聖体拝領を強く望まれる方は、密になりにくい週日ミサをご利用なさることをお勧めします。 週日ミサは今まで通り水曜日午前10時から木曜日午前9時から金曜日午前10時から捧げられています。                                             カトリック川越教会 主任司祭
                                                 奉仕委員会 委員長


■ 新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り
   いつくしみ深い神よ、
   新型コロナウイルスの感染拡大によって、今大きな困難の中にある世界を顧みてください。
   病に苦しむ人に必要な医療が施され、感染の終息に向けて取り組むすべての人、医療従事者、
   病者に寄り添う人の健康が守られますように。
   亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、尽きることのない安らぎに満たされますように。
   不安と混乱に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。
   希望の源である神よ、わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、世界のすべての人と助け合って、
   この危機を乗り越えることができるようお導きください。
   わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
   希望と慰めのよりどころである聖マリア、 苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

   (2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可)

2022年4月30日
カトリック川越教会

更 新 履 歴