■ 墓地の特別分譲をしています ■
当教会が管理し、広くさいたま教区の信徒の皆さんにご利用いただいているカトリック川越墓地では「共同の墓」の特別分譲を行 っています(受付は50柱分までとさせていただきます)。下のリンク先をご覧になって興味がおありの方は、これも下に提示しました問い合わせメールリンクでご連絡ください。担当者から返信さ せていただきます。(墓地管理委員会)
「共同の墓特別分譲」へのリンク 墓地の所在地など一般情報へのリンク
カトリック川越墓地共同の墓使用規約へ カトリック川越教会墓地使用規約へ
問い合わせメールへ コピペ用メールアドレス→ michaelnet@catholic-kawagoe.net

ご 連 絡

■ 当教会の新型肺炎感染拡大防止策について(続報)
     5月26日付のさいたま教区長文書で、新型肺炎感染拡大防止策「公開ミサの中止」が5月30日(土) 以降も当面の間延長されることが通達されました。以下概要です。
     さいたま教区としてはしばらくは、現状を維持いたします。すなわち、
   〇 公開のミサの中止はしばらく継続いたします。
   〇 その聞は引き続き、主日のミサに与る義務を免除いたします。
   〇 公開のミサの再開の期日並びに再開の仕方については余裕をもってお知らせします。
   〇 公開ミサの再開は、信徒の移動を避けるため、隣接する東京教区と同時に行い、
     また、すべての小教区同時に行う予定です。
   〇 ミサ以外の教会活動についても心掛けることはこれまでと同じです。
   ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
     これまでもそうでしたが、ミサばかりでなく、この期間中計画されていた当教会での様々な行事、集いも中止です。また、 公開ミサ中止中であっても教会は施錠されてはいません。日中の聖体訪問などは可能です。
「新型コロナウイルスの感染拡大に対する教区の対応仁ついて(第7次)の「大事な事柄の再確認」を転記しておきます。
   ① 洗礼式:お待ちください。
   ② ゆるしの秘跡:緊急でやむを得ない場合のみ対応します。
   ③ 病者の塗油:細心の注意をしながら行います。
   ④ 葬儀:「3密」とならないよう留意の上行います。
   ⑤ 結婚式:コロナ禍終息後への延期をお勧めします。
   ⑥ 司祭の捧げる毎日のミサ:司祭自室で行われていますが、信徒はこれに参加できません。
   ⑦ 聖堂:内部で祈れますが、くれぐれも「3密」にならないようにご留意ください。
        誘い合わせて一緒に祈るのはお控えください。入口のアルコール消毒液をご利用ください。

*この下に教区ホームページからダウンロードした「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り」を掲載しました。(広報支援者)


■ こちらもお読みください
     5月1日に教区のホームページに山野内司教様の「励ましのメッセージ」が掲載されました。当サイトにも掲載しましたのでお読みください。 コロナ禍にある私たちの信仰上の不安を拭い去ってくださる暖かいメッセージです。下のリンクをクリックして開いてください。 (広報支援者)
山野内司教様「励ましのメッセージ」(pdf)へのリンク

■ アントワン神父様による、祈り、黙想のためのテキスト
     ミサ非公開期間中、掲題テキストを掲載することにしました。トップタイトル右の「一緒に祈りましょう」のバナーからリンクをたどってください。 (広報支援者)

■ 加藤神父様離任ご挨拶
加藤神父様      存じの通り、加藤神父様は復活の主日明けには当教会を離れ、新しい任地の上福岡教会に異動されます。7年という長い間司牧くださった神父様ですが、 コロナウィルス禍のあおりを受け、私たちは送別の宴はおろか、長年の司牧に感謝する言葉を差し上げる機会も奪われてしまいました。 感染拡大が収まった折にあらためて神父様には来川いただき、ミサを捧げ、送別の会も開こうという予定があるようですが、最近の状況ではそれもいつになるやらしれません。 この機に当教会のホームページという媒体を通じて信徒の皆さんにメッセージを、とわがままを言いましたところ、願いをかなえてくださいました。 下のリンクをたどってお読みくださると幸甚です。(広報支援者)
加藤神父様離任ご挨拶(pdf)へのリンク

■ 新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り
   いつくしみ深い神よ、
   新型コロナウイルスの感染拡大によって、今大きな困難の中にある世界を顧みてください。
   病に苦しむ人に必要な医療が施され、感染の終息に向けて取り組むすべての人、医療従事者、
   病者に寄り添う人の健康が守られますように。
   亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、尽きることのない安らぎに満たされますように。
   不安と混乱に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。
   希望の源である神よ、わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、世界のすべての人と助け合って、
   この危機を乗り越えることができるようお導きください。
   わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
   希望と慰めのよりどころである聖マリア、 苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

   (2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可)

2020年5月28日
カトリック川越教会

更 新 履 歴