ご 連 絡

■ 研修センター利用予約
      奉仕委員会の活動が通常レベルに戻り、打ち合わせなどのスペースが不足するようになりました。 このため、1月に教区に研修センター年間活用計画を提出するにあたり、今まで使わせてもらっていた2階ホールに加えて1階の玄関脇旧職員室も含めて使用計画を提出しました。 (両部屋とも使えるのは日曜日のみ)これを機にこの2部屋も予約簿に加えましたので、お知らせします。教会の各室同様予約してお使いください。予約者のみに使用権があります。 予約簿は図書室のパソコン机右の什器上にあります。(奉仕委員会三役)

■ 召命を求める祈り
      教区神学生ゼロが続いています。このままでは司祭不足から必要な祭儀の実施が危うくなります。 せめて祈りたいと考え、毎月第4日曜日の共同祈願の最後に「教会のために召し出しを願う祈り」をとなえることになりました。 祈りは備え付け典礼聖歌集追補版の一番上にあります。また、ローマ字つきの小プリントを「お知らせプリント」ストッカーの脇に置きました。ご活用ください。 (祈りの友484ページ 奉仕委員会三役)

■ 能登半島地震支援募金を開始します
      能登半島地震では多くの方が犠牲になり、寒空のもと避難を強いられている方々の苦境も想像に難くない状況です。 少し遅れましたが、1月13日から約1ヶ月支援金募金し、カリタスを経由して現地にを送りたいと思います。エントランスに募金箱を準備しますのでご協力ください。 (奉仕委員会三役)

■ 灰の水曜日について
      灰の水曜日(2月14日)に使う灰を作るために、昨年の枝の主日に持ち帰った枝を回収いたします。 入り口の箱にお入れください。期日を過ぎたものはもう一年間自宅で保管をお願いいたします。(典礼部)

■ 2023年5月以降の日曜主日ミサの時間・種類について
      5月から日曜主日ミサの回数・開始時間が変わりますのでご連絡します。
これまでの日曜主日ミサは次のように捧げられていました。
日曜第1ミサ9:30〜 日本語(国際)ミサ
日曜第2ミサ11:30〜 各言語別共同体担当ミサ
これが5月第1日曜から次のように変わります。
日曜第1ミサ8:00〜 日本語ミサ
日曜第2ミサ10:00〜 日本語ミサ(ベトナムまたはタガログ語ミックス有)
日曜第3ミサ   午後(時間は様々) 外国語ミサ


     ミックスの日本語ミサとは、今回教区長より寄せられた文書「新しいあゆみのための指針」に基づいて、真の多国籍教会となるため、複数の言語を交え共に 捧げるミサとなるように工夫されたミサを意味します。(コロナ以前の我が教会の共同ミサと基本的に同じです。 また土曜日の主日ミサはこれまで通り18:00からで内容的にも変わりません)

     ある月の日曜日の外国語ミサを含めた全ミサ配置は次のようになります。
第1主日   8:00 日本語ミサ 10:00 日本語ミサ
第2主日   8:00 日本語ミサ 10:00 日本語・ベトナム語ミックスミサ 14:00 タガログ語ミサ
第3主日   8:00 日本語ミサ 10:00 日本語ミサ  13:30 ベトナム語ミサ
第4主日   8:00 日本語ミサ 10:00 日本語・タガログ語ミックスミサ 15:00 ポルトガル語ミサ
第5主日   8:00 日本語ミサ 10:00 日本語ミサ

     当教会の主たる主日ミサと言えば日曜10:00のミサとなりますが、週にもよりますが土曜主日ミサを含め他に3回もミサが捧げられることになりますので、 10:00以外のミサもご利用いただいて10:00のミサに参加者が偏らない(過度に集中しない)ようにしていただけるようご協力をお願いします。
今回のミサ設定は試行の扱いになっており、状況を見て必要があればまた変更する可能性があることをご承知おきください。また、ペドロ神父様はこの春から上福岡教会の司祭も兼ねることになりました。 その関係で第3主日はマルコ神父様の司式になります。(三役)


■ 4月からの新型コロナウイルス感染対策
     2023年4月からミサの参加者把握を中止します。合わせて体調確認も信徒の皆さんの自己管理とさせていただきます。 入口でアルコール書毒液を使った後に近傍に設置される体温計を用いて各自体温を確認してからお入りください。それが難しいと思われる方はご自宅であらかじめ検温してからご来所ください。 37.5℃以上でしたら参加を控えていただくのは今まで通りです。(三役)

2024年1月31日
カトリック川越教会

更 新 履 歴