ご 連 絡

■ 管理部から 降誕祭夜半ミサの駐車場の件
     12月24日(日)夕方にポルトガル語のごミサがあり、降誕祭夜半ミサは 18:00と21:00の2回行われますので駐車場の混雑が予想されます。 降誕祭夜半ミサでの駐車場利用はご高齢の方、障害のある方、又、交通機関に支障のある 方を優先とさせていただきます。 エントランスに申込用紙を用意しますので18:00と21:00の欄にお名前 と車両番号をご記入お願いします。(管理部)

■ 「きぼうのダイヤル埼玉を支援する会」会報完成
     「きぼうのダイヤル埼玉を支援する会」の会報10号が出来上がりました。エントランスホールに置かせていただいていますので、 ぜひお手にとり、お目を通してください。12月16日発行予定のいづみ604号にも少し書かせていただいていますのでこちらにも目を通していただけますよう お願いします。(支援する会)

■ カトリック川越墓地新墓所説明会と募集のご案内
     旭町カトリック墓地の利用規約を見直し、新料金の埋葬場所を設けることになりました。 具体的には下通り説明会を開催してご紹介します。興味をお持ちの方はこの機会にご参加ください。なお、今回の募集につい ては12月16日発行予定の教会報いづみ604号でも紹介していますのでご覧になって下さい。(墓地管理委員会)
説明会日時…2017年12月30日(土)13:00~
場所…メイランルーム


■ SOSからの愛の献品のお願い
     生活に困窮している外国人などの小さくされている方達が正月を無事に過ごせられます ように、愛の献品をお願いします。缶詰め、スキムミルク、お米、小麦粉・油・砂糖・塩・お酢・コーンスターチなどの調味料、 石鹸・洗濯用洗剤などの日用品。ホール掲示板をご覧ください。ホールにSOS専用の収納ボックスを用意していますので、それにお入れください。(福祉社会部) 

■ 降誕祭前の特別清掃のご案内
     12月16日(土)9:00~12:00迄、降誕祭前の特別清掃を行います。増築工事後の2回 目の特別清掃になりますが、今回も聖堂、新聖堂、エントランス、トイレのワックス掛けを中心に行います。12月で何かとお忙しいと思いますが、 大勢の皆様のご参加をお待ちします。(管理部) 

■ アミーゴス献金のお願い
     さいたま教区長澤助祭はさいたま教区で医療を受けられない外国人信徒のための活動しておられ ます。活動資金が底をつきそうな状況となっていますので、ご支援をお願いします。 12月いっぱい各ミサ時に献金箱をホスチア台近くに設置いたしますので、ご協力よろしくお願いします。(福祉社会部 ) 

■ おにぎり1つの会のクリスマス会の献品のお願い
     おにぎり1つの会は12月23日に小さくされた方々を対象にクリスマス会を開催します。今 年の寒い冬を暖かく迎えるために皆様からの献品をお願いします。献品は次の物をお願いします。男性用の綿パン・Gパン、 暖かい衣類、靴(26.0・26.5・27.0cm)。帽子、手袋、マフラー、靴下など。お菓子、クッキーなど。(福祉社会部)

■ 100周年特別献金累計報告
     2年間で1000万円積み立てる特別献金。12月3日までの累計は8,092,089円でした。ご協力あり がとうございます。この金額は12月末までの献金目標を5週按分して得た先週の目標に対しては達成率91.1%でした。(100周年実行委員会)

■ 研修センターのトイレ清掃運動
     今後、研修センターを利用された方は、利用後使用場所最寄りのトイレを簡単で結構で すので、清掃するようにして下さい。詳しくはエントランスホールにポスターを掲示しますの でご覧になって下さい。(三役)

■ 加藤神父様の「翌主日の福音勉強会」
     毎週金曜日(朝)10:00時からのミサ後、開催されています。ごミサでのご復活の主キリストとの出遇いに備えて、ごミサにより深く 与るために、翌主日の ごミサで読まれる 「福音」を黙想する会に参加されませんか。担当は、加藤神父です。(『聖書』をご持参ください。) (加藤神父)

■ 東日本大震災被災者のための祈りⅡ
    新しい東日本大震災被災者のための祈りが発表になりました。今後この祈りを今までの祈りに替えて、折に触れて捧げたいと思います。(三役)

    父である神よ、
    すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
    希望と信頼をこめて祈ります。
    東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
    原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
    希望を失うことがないよう支えてください。
    また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
    すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを、
    わたしたちがあかしできますように。
    わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。


2017年12月9日
カトリック川越教会

更 新 履 歴