■ 墓地の特別分譲をしています ■
当教会が管理し、広くさいたま教区の信徒の皆さんにご利用いただいているカトリック川越墓地では、今年1年間に限って「共同の墓」の特別分譲を行 っています。下のリンク先をご覧になって興味がおありの方は、これも下に提示しました問い合わせメールリンクでご連絡ください。担当者から返信さ せていただきます。(墓地管理委員会)
「共同の墓特別分譲」へのリンク 墓地の所在地など一般情報へのリンク
カトリック川越墓地共同の墓使用規約へ カトリック川越教会墓地使用規約へ
問い合わせメールへ コピペ用メールアドレス→ michaelnet@catholic-kawagoe.net

ご 連 絡

■ 管理部からのお知らせ
     聖母被昇天祭前の特別清掃を8月11日(土曜日)9:00から行いますので多くの皆様方のご参加をお願い致します。 尚、9月からは各地域別の清掃も人員不足の関係上、一部の地域は合同でする事になりました。月々の清掃も多くの皆様のご協力をお願い申し上げ ます。都合上、ご自分の地域外のご参加でも結構です。月々の地域の日程表はエントランスの献金箱の上に掲載してありますのでご覧下さい。(管理部)

■ 新司教様に霊的花束のお願い
     2018年9月24日(月•祝)、 司教叙階されるマリオ山野内倫昭被選司教様に霊的花束をお贈り致しましょう。 用紙をエントランスホールに置きましたので、 記入していただき箱の中へお入れください。 期間は8月5日から9月16日です。 どうぞよろしくお願い致します。(三役) (三役)

■ 西日本豪雨災害緊急救援募金のお願いの
     2018年7月7日から8日にかけて広い範囲で甚大な被害をもたらした西日本豪雨災害による被災者の救援活動を行っていくため、 救援募金の受付を開始いたします。お寄せ頂いた募金は、カリタスジャパンをとおして被災地の教区と連携して推進する救救援活動のために活用させていただきます。 ご協力よろし会くお願いします。(三役)

■ さいたま教区に新司教任命
      6月2日、教皇フランシスコは、さいたま教区司教にサレジオ修道会現日本管区長、マリオ山野内倫昭神父(62歳)を任命なさいました。長らく 空位のままだったさいたま教区にやっと司教が着任下さいます。以下プロフィールは写真を含めカトリック中央協議会のホームページから転載させていただきました。
      大分で生まれた山野内被選司教は、南米アルゼンチンで育ち、同国でサレジオ修道会に入会。叙階された後、1997年より、日本で働いています。山野内被選司教は さいたま教区の教区長として歴代7人目、教区に昇格してからの司教としては5人目となります。(広報部・代行)


■ 管理部からのお知らせ
      暑い夏が到来しました。この時期に見受けられるのは駐車場に駐車中の車がクーラーを入れてのアイド リングです。特に目につきますのは家族をお迎えに来て運転手さんが車内にいらっしゃる方です。近隣からも毎年、神父様に苦情の申し入れがあります ので駐車中は必ずエンジンをお切り下さい、又、日曜日は駐車場が一杯となりますので「駐車カード」は必ずフロントの見える場所に掲示して下さい。 なお、駐車中のアイドリングストップは埼玉県の条例でドライバーに義務付けられています。(管理部)

■ 週日(水~金曜日)朝ミサ時間変更のお知らせ
     2018年5月から水・木の朝ミサ時間を朝10時からに変更いたします。金曜日は従来から10時ですので、 川越教会の週日ミサはすべて10時からということになります。週日朝ミサは、現在わずか数名のみの方に よって守られています。ミサは教会の祈りです。この機会に、皆さんの出席をお勧めいた します。(加藤神父)

■ 加藤神父様の「翌主日の福音勉強会」
     毎週金曜日(朝)10:00時からのミサ後、開催されています。ごミサでのご復活の主キリストとの出遇いに備えて、ごミサにより深く 与るために、翌主日の ごミサで読まれる 「福音」を黙想する会に参加されませんか。担当は、加藤神父です。(『聖書』をご持参ください。) (加藤神父)

■ 東日本大震災被災者のための祈りⅡ
    新しい東日本大震災被災者のための祈りが発表になりました。今後この祈りを今までの祈りに替えて、折に触れて捧げたいと思います。(三役)

    父である神よ、
    すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
    希望と信頼をこめて祈ります。
    東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
    原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
    希望を失うことがないよう支えてください。
    また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
    すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを、
    わたしたちがあかしできますように。
    わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。


2018年8月7日
カトリック川越教会

更 新 履 歴