ご 連 絡

■ 「泉のほとり」頒布のご案内
    過去の教会報いづみへの投稿原稿をまとめた「泉のほとり」150冊を、自費出版された著者関根豊明さんが教会にご寄付 くださいました。ご自身のご希望で、信徒の皆さんに100周年の記念として頒布いたします。来る9月23日午後から、24日の午後までの限定期間、 エントランスホールに山積みいたしますので、ご自由におとり下さい。無料頒布ですが、関根さんから100周年特別献金の一助に、というご要望も あり、自由献金を募ります。献金は新しい教会維持費献金投入箱に裸で結構ですのでお入れください。(三役)

■ アヴェ・ヴェルム・コルプスの練習について
    聖母の被昇天でのグレゴリオミサ曲の練習に続き、今度は100周年記念コンサート(11月23日)のアンコール曲、モーツァルト作曲、アヴェ ・ヴェルム・コルプスの練習を始めます。9月5日、19日、10月10日、24日を予定しています。10時から1時間ほど、聖堂で行います。奮ってご参加ください。 (100周年実委ソフト小委員会)

■ 100周年記念式典関連のお願い
    私たちの教会の100周年記念式典が間近に迫ってきました。所属信徒の皆さんにも今月の30日(土)午前10時半からの式典に参加していただきたいのですが 、駐車場は来賓の方々を優先とすることとなりましたので、当日信徒は自家用車での来場は原則できなくなります。ご承知おきください。また、 9月24日第2ミサの後、テントを組み立てますので、当日の案内に従って多くの方にお力添えいただけますようにお願いします。(100周年実行委員会)

■ 緊急募金のお願い
    フィリピンで最近相次いだ宗教的テロ事件によって大きな被害を受けた現地のカトリック共同体の ために募金箱を設置いたしました。皆さまから捧げられた募金は、さいたま教区協力司祭のジャッ ク神父さま(フィリピン人司祭)を通して、フィリピンのカトリック教会に送られ、 救援物資(特に薬品及び食料)購入の一助とされます。ご協力いただければ幸いです。(牧野奉仕委員会委員長・加藤神父)

■ もみの木 ボランティア募集!
    川越教会としては最後の もみの木震災ボランティア活動を行います。日程は11月7日~9日、 4名の方を募集します。特に、いわき市もみの木まで運転してくださる方を募ります。活動に 参加してくださる方はパンの会 樽角才次までお申し出ください。もみの木は間もなく閉所 されます。このチャンスを有効にご利用ください。(パンの会)

■ 組織調整委員会からのお知らせ
    来年2018年1月~以降2年間の「奉仕委員会三役」の選出と奉仕委員会 各部会メンバーの 募集を目的として組織調整委員会が設立されました。
組織調整委員会メンバー : 得丸幸夫、道下恒夫、有馬昌輝、長谷川育子、野澤令子、計5名

1.奉仕委員会 新三役の選出
8月26(土)~10月15日(日)AM11時まで推薦を募ります。ホールにある「新三役推薦書」に記入し「新三役推薦書及び各部会参加申込書回収箱」に入れて下さい。

2.奉仕委員会各部会のメンバーの募集
8月26日(土)~10月15日(日)までに、ホールにある「各部会参加申込書」にご記入いただき「新三役推薦書及び各部会参加申込書回収箱」に入れて下さい。 現在、各部会で活動されている方も、あらためて申込みが必要です。
また、11月5日(日)~11月19日(日)間に各部会で会合を開催し、11月26日(日)までに現三役に、来年1月からの新部長・副部長、代表・副代表を報告して下さい。


■ 研修センターのトイレ清掃運動
    今後、研修センターを利用された方は、利用後使用場所最寄りのトイレを簡単で結構で すので、清掃するようにして下さい。詳しくはエントランスホールにポスターを掲示しますの でご覧になって下さい。(三役)

■ おにぎり1つの会への献品のお願い
    次の物が不足しています。献品をお願いします。
ティシャツ、男性用の大きめなメンパン・Gパン(洗濯したもの)、26㎝以上の靴
ご協力をお願いします。(福祉社会部)


■ 100周年特別献金累計報告
    2年間で1000万円積み立てる特別献金。9月3日までの累計は7,116,039円でした。ご協力ありがとうございます。 この金額は9月末までの献金目標を4週按分して得た先週の目標に対しては達成率92.4%でした。(100周年実行委員会)

■ 経理部より維持費袋と維持費袋返却BOXについてのお願い
    最近、維持費袋の紛失の問い合わせをよくいただきます。まだ維持費袋が行方不明の方は、 経理部までお願いします。また、維持費返却BOXに、現金や貴重品は入れないでください。紛失に対しては、責任を負いかねますので、ご了承ください。(経理部)

■ マリア神学書の寄贈と頒布
    マリア神学論の翻訳自家出版書籍270冊が関根豊明さんから寄贈されました。ぜひお 読み下さい。出版に関わる経費は関根さんがご負担下さいましたが、信徒の皆さんに頒布 するに当たっては、可能な方には献金をお願いし、全額を教会に寄付したい、とのお申し 出があります。1冊当たり2,000円ほどの経費がかかっていますが、読んでいただくことが先 決ですので、献金は可能であれば、ということで500円から1,000円にてお願いします。 ご希望の方は三役にお声かけ下さい。(担当司祭・三役)

■ さいたま教区創設75周年記念誌発売
    「航跡1989-2013」と名づけられた掲題記念誌が刊行されました。この冊子はさいたま教区 各小教区のこれまで四半世紀の歩みをまとめたものです。ご希望の方にお分けしています。お声かけください。(三役)

■ 加藤神父様の「翌主日の福音勉強会」
    毎週金曜日(朝)10:00~11:30 ごミサでのご復活の主キリストとの出遇いに備えて、ごミサにより深く 与るために、翌主日の ごミサで読まれる 「福音」を黙想する会に参加されませんか。担当は、加藤神父です。(『聖書』をご持参ください。) (加藤神父)

■ 東日本大震災被災者のための祈りⅡ
    新しい東日本大震災被災者のための祈りが発表になりました。今後この祈りを今までの祈りに替えて、折に触れて捧げたいと思います。(三役)

    父である神よ、
    すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
    希望と信頼をこめて祈ります。
    東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
    原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
    希望を失うことがないよう支えてください。
    また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
    すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを、
    わたしたちがあかしできますように。
    わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。


2017年9月5日
カトリック川越教会

更 新 履 歴